働き方や暮らし方は?

Takashima Work Life Story

「高島らしさって、どんなことなんだろう」高島で働き、暮らす人に、聞いてみました。
今、自然の豊かさや落ち着きのある風土、子育てに恵まれた地域性や環境を求め、高島の地への移住を志向される方がおられます。
自然の豊かさ、人のつながりの温かさ、子どもがのびのびと遊べる環境など、多くの人が感じている高島の良さを、高島で働き、暮らしておられる20名の方に、Work Life Storyとして、お聞きしました。

Episode 01
チームでものづくりのおもしろさを感じている

浦岡 麻美さん 京都市生まれ。4歳の時に高島市へ。
2012年、新旭電子工業株式会社入社。

高島市は人との距離の近さに心地よさを感じています。店などは少ないが、その少なさが人との出会いや人とつながりを作っていると思います。


Episode 02
田舎での子育てをめざして高島に

河本 尚子さん 大阪府藤井寺市生まれ。
2012年、株式会社澤村に入社。総務部(一級建設業経理士)

現在小学2年生の母。高島は、ほどよい田舎。すぐ側に、山もあり、琵琶湖もあります。ずっと高島で生きてこられた方の中には変化を好まれない気質を感じることも。


Episode 03
リストラから出会った地元企業

横山 草平さん 京都市生まれ。
2015年、田中建材株式会社入社。

高島は、風の音、静かさがいいですね。ふとした景色に季節が感じられ、休日など、ゆっくりできるところがいいと思います。


Episode 04
父から引き継いだ“高島ちぢみ”

増田 英信さん 高島市生まれ。
株式会社マスダ

現在1歳児の父。休日は家族で市外へ買い物に出かけることが多い。高島は四季をとおした風景の変化が観光資源だと思います。


Episode 05
生産者の思いを伝えるパンづくり

木津 陽介さん 高島市生まれ。
2000年、パン・ドールを開店。

生まれ育った町で、地域の人とつながっている安心感があるところに、高島の良さを感じます。


Episode 06
小学生の頃からなりたかった看護師に

井上照恵さん 大阪市生まれ。

2歳の頃に京都市へ。
1998年、マキノ病院に就職。

高島は自然が多く、人が親切なのが魅力だと感じます。両親が畑をしているとご近所の方が何かと教えてくれました。風車村など子どもが広々としたところで遊べるのもいいと思います。


Episode 07
退院後の生活までも考える看護を

荒川 貴一さん 大津市生まれ。
2012年、高島市民病院に就職。

気持ちの切り替えに休日はバス釣りや友人とスノーボードへ。男性看護師同士のメンズ会での飲み会も楽しみです。


Episode 08
介護職は人の笑顔が自分の幸せ

三矢 大輔さん 高島市生まれ。
2004年、高島町社会福祉協議会に入社。

5歳、3歳の父。高島の良さは、自然や地域の人のつながり、子どもと地域の行事や祭りも楽しめ、癒しと安心を感じるところ。高島は子どもを育てるのにもってこいだと思います。


Episode 09
誰にとっても暮らしやすい地域づくり

川島 和久さん 高島市生まれ。
2000年、(社福)虹の会に入社。

10歳、4歳、1歳の父。高島は人と人のつながりがいい距離感であると思います。地域の行事などは地域との関りもあり、人との触れ合いがあるのがいいと思います。


Episode 10
自動車整備から福祉用具の世界へ

平山 勇次さん 高島市生まれ。
2009年、株式会社ヤサカ入社。

三ヶ月前に子どもが生まれた。高島は、空気がいいし、地域には人のつながりがあり、暮らしに安心感があると思います。休日は大津へ買い物に行くが、都会へのアクセスがいいのも良いと感じています。


Episode 11
農業を魅力ある仕事にしたい

 田中 潔さん 京都市生まれ。
2014年、うねの農園で農業を始める。

高島での暮らしの中で、人のつながりができました。同年代の友人もでき、休日は友人と京都へ遊びに行っています。


Episode 12
たくさんの人とつながることにやりがい

上山 新さん 高島市生まれ。
2012年、西びわこ農業協同組合入組。

高島市は自然の多い中で、働きながら農業ができるのがいいと感じます。奥地の農地が荒れていることが気になります。


Episode 13
自然豊かな高島で子育てをしたい

遠藤 沙織さん 高島市生まれ。
2005年、高島地域観光振興協議会へ。

現在、2児の母。高島は自然環境が豊かで、地域のコミュニティもあり、子育ての相談もできます。少々の不便さがあっても、子育てにいい地だと思います。


Episode 14
お客様の人生の節目にかかわれる喜び

澤田 知枝さん 長浜市生まれ。
1996年、今津サンブリッジホテルに入社。

現在、料飲課係長。1児の母。高島のいいところを高島の人に知ってもらいたいと思っています。


Episode 15
スポーツで地域を元気に

荒木 陽平さん 京都市生まれ。
2006年、TSC入社。

一児の父。周囲には自然が多く、琵琶湖にバス釣りに行くのが楽しみです。自宅と仕事場が近いことも高島の魅力だと思います。


Episode 16
もっと木について学びたい

島本 達さん 高島市生まれ。
2004年、高島郡森林組合(現、高島市森林組合)に就職。

1児の父。休日は、家族サービスで、子どもの好きな工事車両などを見に行きます。


Episode 17
魅力と深みのある和菓子の世界

西沢 勝仁さん 高島市生まれ。
2010年、一炉庵に修行に入る。
2015年、とも栄菓舗に入社。

生まれ育った高島は、人のつながりをどこでも感じる地域だと思います。地域の中で、材料も人もつながり、回っていると感じます。


Episode 18
信頼とより高度な経営支援をめざして

川越 聡さん 高島市生まれ。
2013年に高島市商工会へ。

現在6歳と1歳の父。高島市の個性は「SLOW」だと思います。精神的にゆったりした中で生まれる創造力やコミュニケーション力がクリエイティブな起業に合っていると感じます。


Episode 19
福祉制度に関心を持ち、高島へ

西中 彩乃さん 高島市生まれ。
2012年、高島市民病院で医療事務を経験。
2015年、高島市役所へ入庁。

高島は地元であり、お互い様が生きている地域だと感じます。周りの人が助けてくれる近所づきあいがあり、おはよう、いってらっしゃいとご近所との挨拶にホッとできます。


Episode 20
自分が育った保育園で、子どもの成長を支える

桂田 幸子さん 高島市生まれ。
1995年に安曇川はこぶね保育園に就職。

現在2児の母。高島市は時間がゆっくり流れ、一人でがんばらなくても、周りの人や近所の人が助けてくれる地域性に「豊かさ」を感じます。